にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

 

今回は、サイト内の全記事の文字置換ができるプラグイン

Search Regex

を紹介いたします。

 

ブログを書いていると記事がいくつか溜まってきてから、

「この部分を全部変えたいな・・・」

というときが出てくると思います。

 

例えば、

記事ごとに自分のメールアドレスを書いていたけど、

メールアドレスを変更してしまったので全部の記事のを新しくしたい!

とか

アドセンスやアフィリエイトの広告URLを全部違うのにしたい!

とか

今まで「ガンダム」と思って書いていたものが間違っていて、実は「グンダム」だった!!

などあると思います。

 

そんな時このプラグインを利用すると、

同じ文字列を一括で置換することができます。

 

 

では早速導入方法から説明いたします。

 

一度プラグインを導入したことがある方ならいつも通りのことです。

WordPress管理画面から

プラグイン → 新規追加 で Search Regex を検索

一番上に出てくると思いますので、インストールして有効化してください。

searchregex1

念のため画像も載せておきます。

 

有効化したら早速使ってみましょう。

今回のポイントは実は対したことが無いココだったりするかも?

大抵のプラグインは導入すると「設定」の中に入ってくるのですが、

このプラグインは「ツール」の中にあります!

 

searchregex2

 

画面を開いていただくと全部英語になっていますが

特にいろいろいじらないとダメということはないので安心してください。

項目ごとの説明を少し記述しますね。

まず上の3つの項目の説明です。

searchregex3

Source
どこを対象として置換するか決めるところです。
Post content が記事の内容部分なので、基本そこしかやらないと思います。
プラグイン的にも問題があるのか他の部分は正常に検索されなかったです;;

Limit to
検索や置換するときの上限を決めるところです。

Order by
検索した結果の表示順番を決めるところです。
Ascending は 昇順
Descending は 降順

次にその下の項目について

Search pattern
検索したい、置換したい部分の文字列を入力するところです。

Replace pattern
置換後の文字列を入力するところです。

Regex
ここにチェックを入れると正規表現が扱えるようになります。
分からない人はスルーしても大丈夫です。

 

項目が分かったところで早速使ってみましょう。

※実際に置換するときは念のためデータベースのバックアップを取っておいてください。

 

まずは置き換えたいところの検索をしてみます。

searchregex4

 

検索・置換したい部分文字列を入力して、Searchボタンを押すと

その文字が使われている記事の部分が全部表示されます。

 

 

searchregex5

 

置換後の文字も入れて、Replaceを押すと

置き換えたらこうなりますよ、という表記もしてくれます。

ここでSearchやReplaceで確認してから置き換えるのが良いと思います。

 

それでは、本番です。置換をしてみましょう。

Replace & Save のボタンを押すと置換が実行されます。

 

searchregex6

置換が終わると赤丸の部分のように、何個置換しましたよと報告がされます。

ちゃんと置換されたか確認しにいってみると

 

searchregex7

 

無事、「ガンダム」が「グンダム」に置き換えられました。

一個一個確認するのは大変なので、

一度置換したら、逆に置換後の文字列を検索して確認すると良いと思います。

 

今回は短い単語の置き換えしかしていませんが、

長いHTMLのコードなどでも置換可能

ですので、幅広く使用することが可能だと思います。

最後にしつこいようですが、一斉に置換するときはトラブルが起きる可能性もありますので

バックアップをとってから使用することをオススメいたします。

 

 

お疲れ様でした!!

今回の記事いかがだったでしょうか。

パソコン関係のほんの些細なことや、
ちょっと難しいトラブル、パソコン買い換えたいけどわからない
などなど、自分でわかる範囲であればなんでもお答えいたしますので

コメント・メール等でお気軽に御連絡くださいませ。

メールはこちら
animenya@hotmail.com