今回はサイト内のリンク切れを確認するための
プラグイン、Broken Link Checkerを紹介いたします。

自分のサイトの記事が増えてきたときに
昔の記事のリンクしていた部分がなくなっていたり、
自分の記事を整理している間にどこかリンク切れが起きていたり・・

と様々な理由でリンク切れを起こしていることがあるのですが
自分ではなかなかすべてを把握するのは難しいです。

そこで一気にリンク切れの場所を確認できるのがこの
Broken Link Checker
です。

導入・使用方法は簡単ではありますが、
その前にリンク切れについて。

 

リンク切れを起こすとSEO的にあまりよくないといわれています。
ただ最近はリンク切れはそんなに影響はないとも言われています。

じゃあどっちなんだ?ということになるのですが、
Googleのウェブマスターツールのクロールエラーなどで
指摘されたりするということは少し問題があると思います。

また、リンク切れはサイトを見に来てくれている方に迷惑がかかります。
クリックしているのにエラーがでたりするのは見ててよいものではないですね。

ですので、記事が溜まってきて過去のリンクがどうなってるかわからない
またはウェブマスターツールでエラーが結構でてるけどどこなのかよくわからない
などある方は導入してみてはいかがでしょうか。

 

では早速導入方法です。

WordPress管理画面から → プラグイン → 新規追加 で
Broken Link Checkerを検索していただければ一番上にありますので、
インストールして有効化してください。

brokenlink1

有効化しますと、管理画面の設定のところに
Broken Link Checkerの欄が追加されているのでクリックします

brokenlink2

そうすると上のような画面がでて、エラーがあれば
○つのエラーを発見しましたという文が出ます。
ただ、サイト内を検索してからエラーを見つけるわけですので
最初は少し結果が出るまで時間がかかります。

○つのエラーを発見しました、のところをクリックすると

brokenlink3

上の画面のように表示されますので、
リンクの部分を押してリンク切れを確認したり、
その記事を見に行って確認してみたりできます。

リンクを解除したり、これはエラーではないというのは
この画面でワンクリックで設定できるので簡単です。

 

お疲れ様でした!!

今回の記事いかがだったでしょうか。

パソコン関係のほんの些細なことや、
ちょっと難しいトラブル、パソコン買い換えたいけどわからない
などなど、自分でわかる範囲であればなんでもお答えいたしますので

コメント・メール等でお気軽に御連絡くださいませ。

メールはこちら
animenya@hotmail.com